• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

手作りのある素敵な暮らし

Calligraphyを中心とした手作り♪


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心をこめるということ

  1. 2011/02/18(金) 16:27:13|
  2. カリグラフィー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
P2011_0218_100702.jpg

今朝のニュースの中のコーナー。

お相撲さんの問題。まわりで支える人たちにも大きな影響をあたえているという話題でした。
その中のひとつであるお相撲さんの名前が書かれたのぼり。
最近はデジタル化が進んでいるので注文は減ってきてはいるものの
手書きのものもあるそうです。

フリーハンドで書いたどっしりとした文字は力強さをあらわし
力士が怪我が無く試合をつとめられますようにと
職人さんが心をこめながらつくっているとのこと。

そういう思いにじーーんと感動します。

先日の可愛いバラのボード。
無事に先生にお渡ししたそうです。
お礼の電話があり
大変喜ばれ結婚式の時に飾っていただけるとのお話があったそうです。
カリグラフィーをはじめたことによって
上手とか下手とか関係なく気持ちのこもったものを作ろうと思える。
人と人が繋がっているんだと感じられて
嬉しいと生徒さんがお話をしてくれました。

素敵な思いを語ってくれてありがとう!

先述の
のぼり職人さんもそう。
いえいえ
どんな方でもどんなものでも
自分の心をこめて作ったものはすごく愛着もあり
愛しい気持ちをもってます。

私も手作りのお洋服や小物や
カリグラフィーで書かれたカードなどなど
手にする機会があります。
一層大切にしようと思います。

作ったものはいつか
私たちの手を離れていくかもしれないけど
喜んでもらえることが大切なのよね。

一生懸命に作ると手放す時に少し寂しい思いもするけど
優しい思いは心に残ります。
いつまでも優しい思いを枯れないようにしたいなーと思う私です。

<<上野の森の作品がかえってきました | BLOG TOP | プレゼントのボード>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。