• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

手作りのある素敵な暮らし

Calligraphyを中心とした手作り♪


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分色の表現へ

  1. 2012/03/16(金) 21:49:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
2012-3-15.jpg

色が一色しかなかったので
平筆とカッパーペンを使って
濃淡をつけたLOVEを書いてみました。

なかなか渋い仕上がりになったと思います。

さて
先日
お友達から

お正月の新聞に載っていた書に関する記事をいただきました。



201203131638000.jpg


じっくりと帰宅して読んでその中の言葉の
人の心と手で書く美しさという言葉にじーーんときました。

今フォントはパソコンで作れる時代。
でも昔はひとつひとつ手書きでした。

カリグラフィーの場合
手書きにすることで
その時の思いやその人の人柄
文字の勢い
インクのたわみ
すべてが相手へ伝わっていくと思います。
それは文字のうまい下手ではなく
自身の手で書く
そこが大事なんだと。

日本の書もおなじですよね。
書くことによって心がつたわるのだと思います。

でも
心を伝えるということでは
それは文字だけでなく表現の世界である、
音楽も絵画もどんな分野でも共通だと思います。

だからこそ
表現の大切さをもっと感じないといけないでしょうね。

自分にあった
表現を探せたらいいですよね^^



<<蒼山日菜先生の切り絵の練習 | BLOG TOP | アンシャル体生徒さんの作品>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/03/17(土) 18:39:05 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。