• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

手作りのある素敵な暮らし

Calligraphyを中心とした手作り♪


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエディングボード集中講座の流れ1

  1. 2013/02/11(月) 22:12:17|
  2. カリグラフィー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
春が近づいてくるとウエディングのシーズンになります。
カリグラフィー初心者の方の場合
簡単にどんなふうに完成まで進めていくのかを書いてみます。

まずはどんな文で書くのか
何を入れるのかを決めます。
市販の本やインターネットなどを参考にしましょう。

今回は
Welcome to our Wedding Reception(タイトル)
新郎新婦の名前
ご結婚日

を入れることに決めたとします。

次に紙のサイズを決めましょう。
おおよそで結構です。

決めたら前もってお知らせください。それに基づいて
私の方で見本をお書きします。これは実際に書く方にイメージをしていただくために
用意するものです。

ウエディングボードを作るときにいくつ文字を練習するのかもわかります。

wedding-tannki1.jpeg

私の場合必ず二種類用意するようにしています。
縦置きにするのか横置きにするのか決めていただくためです。

wedding-tanki2.jpeg

この見本を実際に書かれる方にお見せして、
打ち合わせに入ります。
文字のデザインを他にも提案して方向性を決めてしまいます。

ここまで打ち合わせたら、いよいよ文字の練習です。
初心者の場合、たいてい読みやすいイタリック体で書くことになります。
他の書体でもご相談に応じます。
練習は小文字→大文字→単語という順番になります。

・・・・・今回はここまで・・・・


実は先日制作したいとのお問い合わせをいただいたのですが
日が押し迫っておりました。お稽古のむねお知らせしましたが
先方様よりお返事をいただけませんでした。この場をかりまして、
悩まれてご検討していただいたことと思います。ご期待に添えずに申し訳ございません。

私が作るのであれば十分間に合うお日取りでしたが
一から初心者の方が作られる場合、日が迫っているとだいぶ駆け足で仕上げることになってしまいます。実際頑張って書かれる方もいらっしゃいますが
出来ましたら余裕をもってご検討いただければ幸いです。


<<蒼山先生切り絵教室6回目 | BLOG TOP | 冬眠の時期もそろそろ・・^^>>

comment

  1. 2013/02/16(土) 10:39:44 |
  2. URL |
  3. fujico
  4. [ 編集 ]
子供に書いてあげたい気持ちは
我が家にも大きな子供がいるので
よ~く分かります!!

しかし、これだけの物を
短期間で納得のいく作品を作るには
やはり数回では書き上げれないですよね~!
せめて1年ぐらいはお稽古が必要だったりするのでは???

チラッとしか見えませんが
縦置き、横置きだと
やはり横置きの方が文字がクルリンと伸びて
素敵ですね~!
あ、でも縦置きもイタリック体のシンプルさが素敵です!

インクや紙の色によっても
また違った雰囲気になるし
額装すると、またもっと素敵になるのでしょうねー!

今回、お問い合わせあった方も
お稽古日は少なくても、ご自分でたくさん練習すれば
素敵なウェディングボードが出来るかもしれませんよね!?
ぜひ頑張って欲しいな~(^^)

何かのご縁で
お問い合わせがあったのだから・・・。

コメントありがとうございます^^

  1. 2013/02/19(火) 19:52:30 |
  2. URL |
  3. atelier.Quill
  4. [ 編集 ]
> 子供に書いてあげたい気持ちは
こんにちはーー

fujicoさん。いつもコメありがとうございます。

お稽古は使う文字を集中して練習して書くので
回数を多く取れればお書きになれないことはないですが
余裕をもって書きたい場合は
ゆっくりとすすめていかれたほうがいいかと思います。

縦書き、横書きはご招待する人数にもよるのですが
どちらにも良さがありますし
ご希望によって選ばれるのが一番だと思います。

ウエディングボードは大事な記念のボードですから退色するようなインクでは書かないんですよ^^
絵の具を使うことで
色の幅も広がりますし
発色もいいです。

もちろん額装すると雰囲気もぐっと違います。マットでもその印象をかえることができますよ。

今回は本当に残念でしたが
お問い合わせいただいたことに感謝しております。

私も心から佳き日をむかえられお幸せになられるよう祈っております^^

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。