• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

手作りのある素敵な暮らし

Calligraphyを中心とした手作り♪


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い陶器

  1. 2015/03/19(木) 10:55:02|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
関西へは実際にはまる二日間と半日いたわけですが
今回の目的は京都祇園での作品展のほかに
色々な方へお会いするのが目的でした。
なので京都とは言っても大阪に二往復はしていましたし、帰る直前まで動き回っていました。
かなりアクティブに動いてはいましたがその反動は帰宅後にどよーーーん(笑)

さて、こちらの青い陶器は
京都の亀岡在住である作家、龍善窯さんのもの。
作品は常に見てはいるもののなかなか実際には手にとることも見ることもかないませんでした。
事前にお願いして時間をいただき工房が併設されたお店へ伺うことができました。

亀岡へは保津川を渡って行きます。都会の京都から少し山を抜けて亀岡へ。
ご案内いただいたお店では
一度見たかった美しい青い陶器がむかえてくれました^^
素朴で優しい青い色は私の大好きな色の一つ。
こちらで4点ほど購入させていただきました。

IMG_8779.jpg

特別にこちらもみせていただきました。
お風呂より少し深い炉の中にはまだ色の出る前の陶器たちが整然とその時をまっています。
この上にまだのせていくそうです。
様々な工程を経て、土からこの青い陶器になるまでを考えると
手にとった陶器たちの愛おしさは格段に違います。この中のすべてがどなたかの手に渡るわけでもないのです。
作家のこだわりから外に出て行きます。だからこそ、手作りの価値はあがっていくのでしょうね。

IMG_8719.jpg

そして・・・関西と言えばナガサワ文具。必ず寄ってインクを購入してきます。
今回は梅田で限定のゴッホのコバルトインクを手に入れました。開発に携わる竹内さんと今回もお会いしたかったのですが、ちょうど神戸にご出張であったがためにお会いできませんでした。次回はまた楽しいお話を伺いたいと思っています。
そして、京都で珈琲を適正価格にして生産者の暮らしを改善していこうという取り組みを持続して続けているお友達から
、貴重な出版本を今回もいただきました。今まで出版本は何冊かいただいているのですが今回いただいた中の民俗学の本には、美しいアフリカのいい写真が何枚も掲載されていて、すごく嬉しかったです。この方と知り合ってからまた違った分野への視野も広がりました。ありがとうございます。楽しみながら読ませていただくつもりです^^
そして、新伊丹にある作家宮本輝先生をこよなく愛するカフェのオーナーがいらっしゃる
青い屋根へもお邪魔しました。
青い屋根のオーナーの寺田さんは頑張っている人をみると応援したくなるんやーという
何ともでっかい兄さんのような(父さんといわないとこがミソ)方で以前から沢山応援していただいています。
寺田さんからは宮本輝先生のご本をプレゼントしていただきました。
草原の椅子は私の年代とシンクロしたお話とのことでした。ギターの弾き語りもしていただき、レザー体験も出来ました。
ありがとうございました。
IMG_8778.jpg

駆けぬけた短い時間の中で多くの方とお会い出来幸せです。
観光は出来ませんでしたが
それより貴重な時間を過ごせたことに感謝しています。

また、今度はゆっくりと(無理だなww)関西へ~^^

<<國際連盟書道展入選 | BLOG TOP | 奇跡のコラボ展・・・・切り師 長屋明さん②>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。