• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

手作りのある素敵な暮らし

Calligraphyを中心とした手作り♪


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り絵本

  1. 2010/08/28(土) 12:37:58|
  2. ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
中学の夏休みの宿題は
最近自分で絵本を作るというのがあります。

数年前はページ数が少なかったのでまとめるのが大変でした。

以前娘が作った絵本は

pichixyan1.jpg

pichixyan3.jpg
pichixyan2.jpg
pichixyan4.jpg

と、数ページを飛ばしていますが
こんな感じ。

ところどころ色紙やフエルトをはっています。

私の時代にはなかったのですが
この宿題、楽しそうです。

以前、図書館のお話し会のボランティアの時に読ませてもらいました。
なかなか良かったですよ。

娘の大学の教育学部のもつ児童図書館ではお話し会はないのかな?
小学生の時に作った紙芝居とかも読む機会があればいいのにね・・・と
思うのですが・・。


<<ウエディングボード制作 | BLOG TOP | 平塚市美術館・・ブラティスラヴァ世界絵本原画展 >>

comment

  1. 2010/08/28(土) 19:12:49 |
  2. URL |
  3. mysticlaw
  4. [ 編集 ]
絵本、イイですね。
それをまた、自分で作成するっていう宿題♪
珍しくて、ほほえましいと思います。

絵本は、そのどこかに「やさしさ」っていうものを、自分なりに表現に込めていくのが、とても難しいでのはないでしょうか。

自分も昔昔(^^ゞ 落合恵子さん主宰の「クレヨンハウス」に本気で就職したくて仕方なかった時期がありました。
だから、今でも、絵本には触手を働かせるときがあります。

これを機に、また来年、素敵な一冊が生まれるとイイですね^^

Re: タイトルなし

  1. 2010/08/28(土) 22:56:58 |
  2. URL |
  3. atelier.Quill
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

> 絵本は、そのどこかに「やさしさ」っていうものを、自分なりに表現に込めていくのが、とても難しいでのはないでしょうか。
私もそう思います。
下手でも気持ちのこもっているものは
相手の心に爽やかにひびきますよね。難しいことでも自己表現の世界って
本当に魅力的です。

> 自分も昔昔(^^ゞ 落合恵子さん主宰の「クレヨンハウス」に本気で就職したくて仕方なかった時期がありました。
> だから、今でも、絵本には触手を働かせるときがあります。

私も以前クレヨンハウスに行ったことがありました。
ショップなんですが
楽しかったなぁという印象があります。
大人になっても絵本っていいなーと思いますよね!

創造する力を
子供の頃から沢山身につけたいですね

ピィちゃんは優しい子。

  1. 2010/08/29(日) 07:55:58 |
  2. URL |
  3. bonbaku
  4. [ 編集 ]
おはようございます。
中学生で絵本作りと聞いて誰の為に?と思ってしまいましたが、優しさを表現として作品に込めていくという課題となれば、「なるほど」考えさせられました。
ところで、絵本に登場するピィちゃんって娘さんのご自身の事でしょうか。ペンちゃんと帽子を取り合いになって、破れてしまったから、色違いの布で張り合わせて直されても、あまり嬉しくないな~。もし自分だったら怒って帽子を捨てちゃうかも。目に涙を浮かべながらも「これで いっしょに かぶれるね。」と言える、ピィちゃんは偉いなと感じました。
あの涙はうれし涙では無いですよね。

Re: ピィちゃんは優しい子。

  1. 2010/08/30(月) 20:06:32 |
  2. URL |
  3. atelier.Quill
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

こちらの作品はかれこれ6年前の娘の作品です。
4枚合計8ページの絵本となっています。

絵だけでは分かりませんがお話しはこのようになっています。

ピイちゃんはお母さんに帽子を作ってもらいました。
ピィちゃんはお礼を言って早速帽子をかぶりおでかけしました。
ペンちゃんにお母さんの作ってくれた帽子を見せます。
いいなーいいなーと羨ましがるペンちゃん。
ちょうだいとペンちゃんは言いだしました。
帽子は切れてしまいます。
悲しむピィちゃんを見てあやまるペンちゃん。
ペンちゃんは自分の頭のリボンを取って一生懸命に直します。
ピィちゃんは出来あがったつぎはぎのある帽子を見て
一緒にかぶれるねと言います。

そうですね、
あの涙はちょっぴり悲しい涙でしょうね。
でもピィちゃんはお母さんから貰った帽子が嬉しかったので
ペンちゃんは多少強引であったかもしれないけど
欲しがったお友達であるだろうペンちゃんとも嬉しい気持ちを共有したくて
一緒にかぶれてよかったねという気持ちもあったでしょうね。
ペンちゃんのごめんねの気持ちを大切におもったかもしれません。

何故なら最後の裏表紙には実は
二人が仲良く帽子に入る姿がかかれています。

実際には起こしてしまった行動に対して許す気持ちは難しいですね。
でも優しい気持ちがあれば
優しい思いの言葉も出るのでしょうね。

  1. 2010/08/31(火) 10:57:59 |
  2. URL |
  3. yoko
  4. [ 編集 ]
こう言う宿題 楽しそうでいいですよね♪
出来上がった絵本も記念になるし!
将来自分の子供に読ませる楽しみもあったり☆
今は教育学部に進まれているんですか?
それならお披露目する機会もありそうですね!
お嬢さんの作った絵本の絵のほのぼの感
優しいストーリー。
素敵な一冊でまさに宝物♪
私の学生時代にもこんな宿題あって欲しかったです!

yokoさんへ♪

  1. 2010/09/03(金) 22:31:33 |
  2. URL |
  3. atelier.Quill
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

そうですねー
記念にも残りますね♪

> 今は教育学部に進まれているんですか?
いえいえ、教育学部がある大学でして
娘はソフトサイエンスなので所属は教育学部なんですが
少し違うんですよ。
で、大学が児童図書館を持ってて解放してまして
時々週末に当番で行ってます。

いつか読んであげる機会があればいいですよね。

手作りの絵本は一味違いますね。
世界で一冊ですから♪

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。